1. 雑誌の性格

 Football ScienceはFootballを中心とするスポーツと科学に関する学術雑誌である。
Footballのスポーツパフォーマンスと科学に関する新しい知見および方法を発表する。

2. 投稿者の資格

 本学会の会員と非会員を問わず、本誌に論文を投稿することができる。 ただし、非学会員は掲載に必要な実費を支払う。

3. 投稿者の責任

3.1 掲載された論文の内容に関しては投稿者のみが責任を負うこととする。投稿論文内容は未発表のもので、本誌以外に投稿されていないものに限る。

3.2 投稿者ならびに投稿論文は、「個人情報保護法」や「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」及び「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等に基づく研究対象者の人権尊重、社会的影響等について配慮すべきものでなければならない。投稿者は上記の倫理面への配慮について本文中に記載しなければならない。 また、倫理関連事項について、編集委員会から照会を求められた際には対応しなければならない。

3.3 共同執筆者を含む場合、投稿者は、本誌への投稿と記載内容について、全ての共同執筆者の承諾を得ること。

4. 投稿原稿の種類と内容

4.1. 種類
  投稿を受け付ける論文は、Review(総説)、Paper(原著論文)、Short Communication(短報)、Rapid Paper(速報)、Materials(資料)、Technical Report(テクニカルレポート)とする。

1)Review (総説)
 特定の研究題目について国内外の研究を総括し、かつ著者独自の見解を含むもの。
2)Paper (原著論文)
 独創的研究で、十分な論証を経て価値ある結論を提示したもの。
3)Short Communication (短報)
 独創的研究で、新しい事実や方法の検証、価値のある事実または論証がある内容の発表を希望するもの。
4)Rapid Paper (速報)
 研究として完結していないが、研究が独創的で、価値のある事実、データ、考察の記載を含み、内容の速やかな発表を希望するもの。
5)Materials (資料)
 実験や調査等で得られた価値あるデータを提示したもの。
6)Technical Report (テクニカルレポート)
 先端的なスポーツパフォーマンスを技術的、戦術的に解説したもの。

4.2. 論文の長さ
  論文の種類に応じて、以下のページ数を刷り上がり時の目安とする。

 Review (総説)、 Paper (原著論文) 8ページ以内
 Materials (資料)、Technical Report (テクニカルレポート) 6ページ以内
 Short Communication (短報)、Rapid Paper (速報) 4ページ以内

 なお、投稿論文は英文字で180-220ワードのアブストラクト、5語以内のキーワード(Keywords)、図表、写真を含む。
刷り上がり1ページは日本文字2,000字(英文字で1,000ワード)に相当するものとする。

4.3. 論文の内容
  投稿論文は下記の分野より、審査領域が決定される。

 American Football(アメリカンフットボール)、 Biomechanics(バイオメカニクス)、 Coaching(コーチング)、 Fitness and Conditioning(フィットネスとコンディショニング)、 Soccer(サッカー)、 Futsal(フットサル)、 Game Analysis(ゲーム分析)、 Nutrition(栄養)、 Pedagogy(教育)、 Physiology(生理学)、 Psychology(心理学) 、 Rugby Football(ラグビー)、 Adapted Football(アダプテッドフットボール)、 Sociology and Philosophy (社会学と哲学)、 Sports Equipment and Facility (スポーツ用具と施設)、 Sports Management(スポーツマネジメント)、 Sports Medicine and Rehabilitation (スポーツ医学とリハビリテーション)、 Technical Analysis(技術分析)、Training(トレーニング)、 Women’s Football (女子フットボール)、 Others(その他)である。

5. 使用言語と単位

 原則として、掲載言語を英語とする場合は、英文原稿による投稿とし、和文原稿による投稿の場合、掲載言語は日本語とする。
 例外として、和文投稿にて審査を受け、受理後、英訳して掲載言語を英語とすることができる.これを希望する場合、投稿時に申請し、この場合、和文原稿を本会指定業者にて英訳する。英訳費用は投稿者負担とする。
 言語は、投稿時に決定するものとし、以降に変更することはできない。
 英語表記は、英語を母国語とする者により校正を受けること。英文校正証明書を投稿時に添付することが望ましい。
 単位はSI単位に従うが、当該領域で慣用されているものはこの限りではない。

6. 論文提出方法

6.1. 投稿原稿の提出
   「論文の投稿」画面にしたがって入力して下さい。 詳しくは執筆要領をご覧下さい。

6.2. 問い合わせ先
    Football Science編集事務局,勝美印刷(株)内
    〒113-0001 東京都文京区白山1-13-7 アクア白山ビル5F
    E-mail:


7. 原稿の受理と審査

7.1. 原稿受付日
    原稿到着日を受付日とし,編集委員会による掲載決定日を受理日とする。

7.2. 審査
    提出原稿はすべて編集委員会による審査を受けるものとする。

7.3. 原稿分類の変更
    編集委員会は投稿原稿を審査の結果、投稿者の希望する投稿分類と異なる種類で採用することがある。 種類の変更にあたっては投稿者に了解を求める。


8. 掲載料

掲載料
  規定内頁 超過頁
会員 無料 6,000円/頁
非会員 6,000円/頁 6,000円/頁
※本委員会が依頼した論文の掲載費用は無料とする。

和文投稿論文の翻訳料
  翻訳料(規定内頁)
会員/非会員 18円/日本語原文1文字
※翻訳料金は著者負担(実費)となります。


9. 論文製本

 別刷は有料で別に定める価格により購入することができる。(100部~)


10. 著作権

 本誌に掲載された論文の著作権は日本フットボール学会に帰属する。すなわち、著者自身でも掲載された論文等全文をそのままの形で他の著作物に利用する場合は、本会の著作物であることを明示する必要がある。


11. その他

 公開される論文の著者校正は1回とする。著者校正は、誤植・誤記に限られる.受理後、投稿原稿にない字句の挿入および図表、動画、写真、著者情報、その他の資料(付録などを含む)の加筆・修正は認められない。


附則

 本投稿規定は,平成16年9月1日から施行する。
 本投稿規定は,平成21年3月9日から施行する。
 本投稿規定は,平成22年12月23日から施行する。
 本投稿規定は,平成29年7月21日から施行する。
 本投稿規定は,平成30年7月30日から施行する。
 本投稿規定は,令和2年1月28日から施行する。
 本投稿規定は、令和3年12月2日から施行する。



Copyright 2004-2021 Football Science. All rights reserved. - 禁無断転載 -