1. 投稿形式

1.1. 代表著者情報・共同著者情報・論文情報
「論文の投稿」画面よりデータ入力画面に従い入力すること。本文・図表・専門用語対照表は別に定める投稿形式に沿って作成すること。


2. 使用ソフト

2.1. MSワード、PDF又はこれらに相当するソフトウェアを使用のこと。
2.2. 電子ファイルによる投稿は別に定める投稿形式による。


3. 連絡責任者

編集委員会との連絡を行う責任者を1人執筆者の中から指定すること。


4. 投稿原稿の構成

4.1. 原稿には、表題紙・アブストラクト・本文・参考文献・図表・個々の図版の説明文を含むこと。
4.2. 写真は図に分類にされるものとし、その連番をつけること。


5. 投稿原稿の内容

5.1. タイトルシート
5.1.1. 著者情報・現在の所属・論文情報を画面表示に従い入力すること。
5.1.2. 内容を的確に説明する簡潔な表題とすること。 “の観察”、“特定の(ある)”、“研究” 等の語は、編集者により削除される場合がある。表題では、前置詞・冠詞・接続詞を除く語はすべて大文字で始めること。
5.1.3. 執筆者の名前は名・姓の順に入力すること。
5.1.4. 現在の所属と研究時の所属が違う場合、括弧内に前の所属を記載すること。
5.2. アブストラクトとキーワード
 英文で200文字程度の概要を簡潔に且つ事実に基づき記述すること。 キーワードは5語以内。
5.3. 本文
5.3.1. 余白は上下左右各25mm以上とする。 (別に定める投稿形式参照のこと)
5.3.2. 論文は宣伝的性格のものであってはならない。 商標名ではなく一般名を使用すること。
5.3.3. 一般的によく知られていない特定の製品・製造法・装置等については、できるだけ詳細な説明、機種番号・製造者・住所を脚注に記載すること。
5.3.4. 原則として節・項・ヘディング・サブヘディングは以下の分類による。
Section: 1. 2. 3.
Subsection: 1.1., 1.2., 1.3.
Heading: 1.1.1., 1.1.2., 1.1.3.
Subheading: (1), (2), (3)
5.3.5. 一般的でない技術用語は省略形を使わないこと。
5.3.6. 元素・合金・化合物名の表記用に化学物質名・化学式の使用は許される。
5.3.7. 数学表記は原則として次のような表記にする。 但し、簡略法として次のような1行に収まる方式を使用してもよい。
5.3.8. 数学記号・下付・上付等はすべてはっきりした表記にすること。
5.3.9. 年号には西暦を使うこと。
5.4. 文献(Reference)
5.4.1. 公表言語として英語を希望する場合、文献は全て英文で記載すること。
5.4.2. 例にあるように文献には連番をつけないこと。姓が最初にきて、名のイニシャル、発行日と続く(author-date法)。文献はアルファベット順に並べる。Bibliographyのデータは著者名、発行年、論文タイトル、雑誌名、巻ナンバー、ページナンバーを記載する。
5.4.3. 本文には文献番号をつけないこと。和文献を英訳した場合は、末尾に "in Japanese" とつけること。
5.4.4. 文献用には以下の例を参照のこと。
Andre, T. (1986). Problem solving and education. In G. D. Phye & T. Andre (Eds.), Cognitive classroom learning: Understanding, thinking, and problem solving (pp. 169-204). New York: Academic Press. Brown, A. L., Kane, M J., & Echolss, C.H. (1986). Young children's mental models determine analogical problems with a common oral structure. Cognitive Development, 1:103-121. Authors are advised to refer literature written in English, as far as possible. When refer to an contribution written in an language other than English, title is translated in English accompanied with a note within parenthesis as "(in Japanese).","(in Chinese).","(in Thai).", so on.

大橋二郎(1981). ゲーム分析. 浅見俊雄編,スポーツの科学的研究レビューシリーズ1.「サッカー」(pp.173-202),東京, 新体育社.

浅見俊雄, 戸苅晴彦(1968). サッカーのキックに関する研究. 体育学研究, 12:267-272.

5.5. 図表および写真
5.5.1. 図表は全て英文で記載すること。
5.5.2. 投稿画面から画像ファイルを送信するか、使用ソフトに埋め込むこと。
5.5.3. 図・表・写真はファイル名に番号をつけること。 (例 Figure. 1、Table. 2)
5.5.4. 投稿する画像ファイルはTIFFまたはJPEG形式に変換し、拡張子でわかるようにすること。
(例 .tif、.jpg、.pdf)
5.5.5. 画像解像度は写真:350dpi 線画:600dpi以上にすること。
5.5.6. キャプションは、最初の語のみ大文字を使用すること。
5.5.7. 各図版には、本文を参照しなくても理解できる情報を得られるだけの簡潔な見出しをつけること。


附則

本執筆要領は,平成16年 9月 1日から施行する。
本執筆要領は,平成22年12月23日から施行する。

本サイトの閲覧にはInternet Explorer5.0以上のブラウザを推奨します。
Copyright 2004 Football Science. All rights reserved. - 禁無断転載 -