Footballを科学することに労力を惜しまない多くの優秀な専門家の尽力により,遂に,Football Scienceが創刊されました.関係者の皆様には感謝,敬意,そして祝福を表します.

 フットボールは地球上の多くの人に最も愛されているスポーツです.フットボールをする人,見る人,サポートする人がより安全に,よりファンタスティックに,よりエキサイティングに活動するために,科学的知見が貢献することは大変喜ばしいことです.

 Football Scienceはオンラインジャーナルです.学術情報がネットワーク上で共有され,世界中に発信されます.Football ScienceではFootballに関する学術的情報を収集し,ネットワーク上で共有し,ジャストインタイムで活用することを目標としています.世界中の多くの方がFootball Scienceを利用することを期待します.

 Footballには歴史と地域性があり,発展し続けています.Footballは文化であり,教育性があります.すばらしいFootball Performanceには生理学的,心理学的,そして運動学的な根拠があります.Football Scienceは自然科学的知見に留まらず,人文社会科学的知見,最先端の技術と戦術に関する知見など,幅広い視野からFootballを支える学術情報を発信します.Footballの発展に情熱のある多くの方に有益な情報を発信するメディアを目指します.

 Footballを愛する人と同じくらいの多くの人から愛され,活用されるFootball Scienceに成長することを祈願します.

2004年8月吉日
Football Science 前編集長
筑波大学 西嶋 尚彦


「Football Science」の刊行に期待する

 1979年にイタリア・ローマで「1st INTERNATIONAL CONGRESS ON SPORTS MEDICINE APPLIED TO FOOTBALL」が開催され、1987年にイギリス・リバプールで 「First World Congress of Science and Football」 がスタートした。後者は4年ごとに行われ、2003年には第5回がポルトガル・リスボンで開催された。この二つのイベントはフットボールの研究が国際的に発展するために大きな役割を果たしたと考えている。

 21世紀に入り、このたび 「Football Science」 という雑誌が日本で刊行されることになった。この事業はこれまでのものとは違い、フットボールの科学を up to date な形で国際的に共有するという点で大きなイノベーションを提供することになると思っている。

 ヨーロッパ各国では、サッカーの指導を中心とした雑誌には当然のように科学的な記事が掲載されている。 「Football Science」 が医・科学の研究者だけでなく、指導者はもちろんのこと、すべてのフットボール愛好者に広く読まれ、フットボールの正しい発展に寄与することを期待してやまない。

Football Science 編集顧問
平成国際大学 戸苅 晴彦



本サイトの閲覧にはInternet Explorer5.0以上のブラウザを推奨します。
Copyright 2004 Football Science. All rights reserved. - 禁無断転載 -